ゲーム紹介  あらすじへ
 概要 |  製品情報 | 動作環境
キーワードは、耽美。店頭ポスター画像
時代は、昭和初期

巷には爛熟した大衆文化が花開く一方、世情に流れる不穏な空気が次第に濃厚になりはじめていた、あやうい時代。
とある地方に存在する全寮制男子校を舞台に、猟奇的な匂いのただよう物語が展開します。
登場するのは、怜悧な生物教師、白皙の美青年、混血の小説家、親衛隊を擁する美少年、不治の病を抱えた学生…。
比較的ながく「ボーイズラブ」というジャンルを愛好してきた方には、ちょっと懐かしく感じられるような要素かもしれません。
そう、本作は、敢えて「耽美モノ」であることにこだわった作品なのです。
「耽美」という言葉に秘められた、背徳感・倦怠・頽廃・死のイメージ…そうした禁忌を感じさせるような要素を主要なモチーフとし、ひとの心の奥に潜む光と闇を描き出していきたいと思っています。


プレイヤーお好み次第の組み合わせ。
本作の最大の特徴は、キャラクター同士の組み合わせ&受攻までプレイヤーが自由に操ることができること。
さらに、ストーリーのタイプも純愛系と陵辱系の二通りが用意されています。

こんなカップリングならどうなる?
受け攻めが逆だったら?
あんなシチュエーションも、こんなカップリングも見てみたい…
プレイヤーの思いのままに組み合わせを決めてイベントを発生させる自由度の高さが、
本作の最大の特徴です


プレイヤーの行う操作は、登場人物の描かれたキャラクターカードを、
組み合わせたいと思う相手のキャラクターカードに重ねるだけ。
すると、カードを組み合わせたキャラクターの間でイベントが発生し、ゲームが進行していきます。
また、どちらのカードを上に置くかによって、Hシーンでそのキャラが攻めになるのか受けになるのかを
コントロールすることが出来るため、プレイヤー好みのシチュエーションが実現可能になります。

さらに、本作には陵辱系と純愛系という方向性の180度異なるシナリオが用意されています。
陵辱ルートを選び、冥い復讐に身を投じて加虐の悦びに目覚めていくのか、
それとも純愛ルートを選び、相愛となって二人で幸福になるのか。
すべては、プレイヤーの思いのままです。


 
タイトル 薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
ブランド サイク・ロゼ
対象年齢 18歳以上(アダルト) ※この製品は18歳未満の方はご購入頂けません。
発売日 2003年2月21日(金) 現在好評発売中
価格 6,800円(税別)
ボイス  あり(フルボイスではありません)
キャスト:千葉進歩、一条和矢、森川智之、佐藤勇、梯篤司、
川田紳司、天田真人(順不同、敬称略)
備考 初回版:スペシャルパッケージ仕様
レトロな雰囲気の書籍型パッケージ(DVDケースサイズ変形紙函)に、
主人公・要と生物教師・月村の出会いを描く、書き下ろし短編小説が付属。
※→初回版店頭販売分出荷終了いたしました
原画/シナリオ 草香祭
音楽 Toni Tonic



最低動作環境 推奨動作環境
対応OS MicrosoftWindows 98/Me/2000/XP ※1
CPU Intel製Pentium II 233MHz以上 ※2 Intel製Pentium V 450MHz以上
メモリ 64MB以上 ※3 128MB以上
ハードディスク 600MB
CD-ROM 4倍速以上 8倍速以上
グラフィック 4MB以上のグラフィックボード
800×600ドットでHigh Color(16ビット)以上が表示できる環境
8MB以上のグラフィックボード
800×600ドットでTrue Color(24ビット)以上が表示できる環境
DirectX 7.0以上が正常に動作する環境
※1 WindowsNTには対応しておりません
※2 Windows2000/XPでは最低メモリ128MB以上、推奨メモリ256MB以上


◆最低動作環境とは→

この製品を動作させるために最低限必要なマシンのスペックです。
この基準を満たしているマシンでしたら、基本的に問題なくゲームをプレイしていただけます。
ただし、ゲーム中に処理の重いシーンがあった場合には、表示が遅くなる、もしくは画面の動きにガタつきが生じるといった現象がみられる可能性があります。

◆推奨動作環境とは→

この製品を快適に遊んでいただくことの出来るマシンのスペックです。
より快適にプレイしていただくためには推奨環境相当以上のマシンをおすすめします。

あらすじへ